Yumiko Gallery top banner

Yumiko Gallery|Products|Creativity and Vitality

* This project thema is "Creativity and Vitality".

It has been 11 years or so since I started my photo shooting trip. One day unexpectedly huge tsunami attacked Tohoku. The beautiful quiet sea completely changed and took precious lives outright. 8 years have passed since then. Although the land used to be muddy brown all over as everything was destroyed by surged waves, it has been slowly but surely getting greener. A sufferer in the area said “Wood gives us pillars. Pillars give us a house.” His voice stays with me and tells me that energy of life is still there.

In Shintoism, “Kegare” means exhausted life. Ke means spirit and Kare / Gare means withering up. To recover from such situation, salt is traditionally regarded as a power source in Japan. It is said that salt purifies our spirits. By a strange coincidence, salt from the sea now keeps us going on.

I believe that vitality comes from creativity. Lack of creativity means lack of vitality. When we get dispirited we also lose our clear thinking. Creating something new encourages evolving ourselves. It operates upon our soul to be indomitable. I always try to imagine building a house on the wasteland. It is a “challenge” to train my spirit which is the core of myself, and to live a stronger life. Creativity holds the basis of a man.

To express full of creativity and vitality in my photographs, I used classic technique “salt print”. I hope my works tell the future generation what are the meanings of creativity and vitality.

* This project thema is "創造力と生命力".

私の撮影の旅は、約11年前から始まった。その途中で、私たちの想像を超える大きな津波が東日本を襲った。あの、静かであまりにも美しい海が、瞬く間に多くの命を奪っていった。あれから8年が経った。押し寄せた海水によって植物も全滅し、一面が茶色くなっていた土地も、着実に緑色を取り戻しつつある。「木があれば柱ができる。柱があれば家は建てられる」。被災地の方のその言葉が、今でも私の耳に残っている。生物のエネルギーは、決して失われてはいなかったのだ。

神道の世界では、生命力が枯渇した状態を「ケガレ」という。ケガレとは“気が枯れた状態”という言葉から生まれた単語だ。この状態から再生するための生命の源となるのが、奇しくも、命を奪い去ったあの海から作られた「塩」である。古代より日本では、塩はケガレを祓い清め、またあらゆるものを再生させると語られていた。塩が持つ再生のパワーを受け、生物はエネルギーのバランスを整え、自らの日常へと戻っていくのだ。

同時に私は、生命力は創造力であると考えている。創造力が枯渇していると、人は生命力も失う。無気力になり、思考や行動までも止まってしまう。創造し続けていくことは、常に進化し続けること、つまり精神性を高めていくことである。「何もないところに、家を建てること」を常にイメージするのだ。自らのコアである精神を、常に高められているかという「挑戦」が創造力を生み出し、生命力を強くしていくのだと思っている。創造力は、人の根幹を支える力なのである。

創造力と、そして生命力が溢れる写真を表現するため、今回の作品は全て、古典的な技法である「ソルトプリント」で制作した。二つの力の持つ意味が、次世代に継承されることを願っている。